トップページ >花粉症の治療薬について

花粉症の治療薬について

花粉症の治療には様々なものがあります。代表的なものとして薬の服用があります。単に薬といっても、色々な種類があり、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイドなどです。上記の3つについて、それぞれの特徴と副作用にはどのようなものがあるかを説明します。

 

抗アレルギー薬とは、症状の緩和や症状がカラダに現れる時期を遅らせる働きなどがある薬のことです。特に症状がまだ軽い時期に使うと効果的で、比較的副作用が少ないことから長期間に渡り服用が可能であるという特徴があります。この抗アレルギー薬にも多数の種類があるため、効く薬は人によって様々です。病院で処方してもらい、自分にあったものを見つけるようにしたいものです。

 

次は抗ヒスタミン薬です。この薬はヒスタミンという物質を抑える役割があります。ヒスタミンとは体内に入ったアレルゲンに対して、できる物質のことです。このヒスタミンによりアレルギー症状がでることから、ヒスタミンをブロックしてしまおうというのがこの薬の特徴です。即効性がありますが、倦怠感、眠気、口の中が乾くなどの副作用を伴います。

 

最後にステロイドです。ステロイドとは、体内で生成されるホルモンを人工的に作ったものを指しています。ヒスタミンによって起こるアレルギー症状を抑える点で、強い効果性があります。重症の方でも効果を感じられるほど強い力を持っています。しかし副作用も強く、長期間の服用は人体への負荷が大きくなるためおすすめできません。医師の指導のもとで適正量を適正な期間で使用するなら、最大限の効果を得ることができるでしょう。