トップページ >花粉症対策の薬の副作用について

花粉症対策の薬の副作用について

病院に行って花粉症の症状を和らげるための薬を処方してもらっているという人もいると思いますが、医薬品ですので副作用が出てしまう危険性もあります。どのような副作用が出てしまう可能性があるのかを今回はお話していきたいと思います。

 

・口の中の乾き
・突然の眠気や集中力の低下
・気分の悪さや頭痛
などといった副作用が出てしまうこともあります。

 

営業などの仕事をしていると、花粉症の症状が出たままお客さんと会うわけにも行きませんから、薬に頼ってしまいがちです。ですが、生活に問題が生じてしまうような副作用が出てしまう可能性があるのであれば、服用するのもためらいますよね。実は花粉症の症状を抑える薬というのは2つに分かれています。

 

まず第一世代抗ヒスタミン薬と言われる薬ですが、これはロイコトリエンやヒスタミンなどの物質が作り出されるのを妨げることを目的にしています。そして、第二世代抗ヒスタミンというのは、既存のヒスタミン薬に、体の中で遊離されている物質の働きを抑える作用もあります。

 

第二世代抗ヒスタミン薬は、従来のヒスタミン薬よりも副作用の危険性は低いとされているのですが、全く無いというわけではありません。ですので、相性などによっては副作用が出てしまう可能性も否定できません。

 

アレルギーを抑えるという薬の場合は、ステロイドが用いられるケースもあります。ステロイド系は効果も高いのですが副作用も大きいと言われています。また長期間使い続けると、ホルモンバランスや免疫機能が異常をきたす可能性もあるのです。ですので、ステロイド系の薬の場合は医師の指示を仰ぎ注意しなくてはなりません。

 

最近は、少しでも副作用のリスクを取り除きたいということで、漢方薬を服用しているという人も多くなっています。漢方薬は体質を改善させることが目的になっていますから、花粉症に対しても有効だとされています。ですが、漢方薬も全く副作用がないわけではないということを理解をしておかなくてはなりません。血圧を高めたり、動悸などの症状が出てしまうこともあります。